京都御幸町通三条下る、と聞いて場所の想像がつく方は京都ツウです。全国区で通用する住所「海老屋町」に、そのお店は在ります。
『Lindenbaum(リンデンバウム)』、昭和29年生まれのご主人と奥さまが二人で営まれる明るいお店。一度訪れたらきっと「また会いに行きたくなる」お菓子屋さんです。
道から少し引っ込んでいますから、駐車場の奥まで入ってください。
仙台から京都に移転し、2017年3月にこの地にリンデンバウムをオープンされました。杜の都・仙台の人気店。京都でも既に人気店の気配‥‥ 今のうちがネライですよ。

商品はシンプルに全3品。
チョコのかたまりがザクザク入る「ケーキのような」チョコレートクッキー。私は勝手に「ガトー・クッキー」と呼んでいます。
1辺4~5cmの立方体は、食べ応えがあります。ひとりで1つかじっているうちに、「あの人にも食べさせたいなぁ~」と誰かの顔が浮かんできます。

そう、私は2回目に買いに行った際、そのまま友人のところへ直行しました。
チョコのガトー・クッキーとチョコレートムース、マスカルポーネ ブリュレ、ひとつずつ、全品買っても1,510円。二人でいただくには充分すぎるボリュームです♡
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Mちゃんと、ブリュレ&ムースを味わいました。

チョコのムースは、濃厚なチョコの下にクリーミィなチョコレートムースの層、チョコスポンジと混じり合って、チョコ好きにはたまりませんね~

 

 

ブリュレはお店で注文してから焼いてくださいます。カリッと香ばしい表面からスプーンを入れると、マスカルポーネのほかに‥‥ おいしい発見が潜んでいます。
2つ、3つと数えながら、探ってください。
ご主人手づくりのやさしいおやつ、Mちゃんと仲よくいただきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
瀟洒な店内。明るい奥さまと、笑顔のステキなご主人。中学からの同級生だったお二人は、仙台から50kmほど離れた小牛田の地がふるさと。喫茶店を経営されたこともあるそうで‥‥
チクロやズルチンの話から『茶菓円山』の話へと‥‥次のお客さん来店まで話が尽きることはありませんでした。

 

お菓子がおいしい。
お話も楽しい。
リンデンバウムのご主人と奥さま、ようこそ、京都へ。
京都人と京都に訪れる人たちに、いつまでもおいしいお菓子を作り続けてください。末長くよろしくお願い致します(^^)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■リンデンバウム kyo・mori 本店より徒歩10分くらい
11:00~19:00 水曜定休、ほか不定休あり
最寄は、京都市営地下鉄東西線 京都市役所前駅
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・