京都人はパンが好き。パンの消費量、支出額ともに毎年全国のトップ3から落ちることはありません。伝統文化を重んじる京都で、きもの教室の先生にもパン食をこよなく愛する著名人も‥‥。
京都人は「新しもん好き」だから、パンに加えてコーヒー、牛乳、バターの購入金額も日本一なのだとか。はい、我が家でも毎朝トーストとコーヒーです。

京都で人気のベーカリー・レストランと言えば『進々堂』『ブリアン』『SIZUYA』などありますが‥‥ 私が主に利用するのは『PAUL』。

『PAUL』は、福岡在住の頃に三越にオープンして以来訪れている、旧友のように安心できる店なのです。

三条高倉交差点にある『PAUL』は、窓から見える借景を眺めながら食事するのが好きです。借景は京都文化博物館、通称:文博の赤煉瓦の壁に、緑青がキレイな扉。誰かと一緒でも、ひとりで訪れても、窓の外が見える席に座ります。

京都の『PAUL』は、西洋人観光客が多いのも好きです。隣のテーブルに飛び交うフランス語の会話は、意味がまったくわからないことが幸いします。まるで、映画の台詞か歌の文句のように、美しい響きが耳に心地よいのです。
カンヌやパリで訪れた『PAUL』の印象も、懐かしくよみがえってきます。

パリでは日本のスタバくらい軒数たっぷりの『PAUL』だそうですが、赤煉瓦に緑青色を鑑賞しながらパンを頬張ることができるのは、おそらく京都・三条だけ。

モーニングは500円で日替りのサンドとパン、ドリンクが付きます。


ランチは4~5種類から選べます。この日は、コーヒー風味のサーモン・サラダがメインのランチ(1,296円)をチョイスし、オリーブやいちじく、レーズン、チーズなど様々な種類のパンをたっぷりいただきました。

本場仕込のレシピでできたスイーツも充実していますから、三条通でお茶する時にもオススメです(^^)

◎PAUL 京都三条店
京都市中京区三条通高倉東入桝屋町53-1-1F 営 8:00~20:00
(大丸京都店に販売のみの店舗アリ)
https://www.pasconet.co.jp/paul/shop22.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今月末に開催される『京都パンフェスティバル in 上賀茂神社』に
『PAUL』も出店、フランス直輸入小麦で作るクロワッサンが登場します。

◎京都パン フェスティバル in 上賀茂神社
2017.10.28(土)~29(日)10:00~15:00
http://kyoto-np.jp/kp/kyo_np/info/panfes/

合わせて30店舗が出店。このフェスティバルはパン好きな京都人にとっても、観光で訪れる方にとっても魅力的です。

あぁ、それにしても、上賀茂神社の式年遷宮奉祝事業のひとつとしてパン フェスティバルが開催されるとは、賀茂氏もびっくり!! ですね~