いえ、泣かなくていいです。私が辛いのに強くなくて
涙が自然に滲み出してきただけ‥‥

前から気になっていたカレー屋さん、
京都府庁のさくらとセットで食べに行ってきました。
まだ、2回行っただけなのですが、2回とも
店を出るときのお客さんたちの表情がとっても満足げで、
いいなと思いながら書き始めました。

カレー製作所 KYOTO カリル さんは、2015年3月3日に
店をオープンされました。場所は地下鉄丸太町から歩いて、
京都 第二赤十字病院の近くです。
近くに行くと、カレーのおいしいニオイが鼻に届きます。

メニューは定番のカレーと月替わりのカレーがあります。
前回は、月替わりの[あさりキーマカレー]をいただきました。
そして今日は、定番の中から看板商品でもある[チキンカレー]をチョイス。
メニューにはちゃんと「辛口」の文字と辛いマークが付いていました。

「うんと辛いですか?」の質問に、
「ふつうの辛口よりちょっと辛いと思っていただけたら‥‥」との
お返事をいただき、ええぃ! と頼んでみたのです。

本日は、ランチセットをお願いし、プラス50円で
ミニサラダとラッシーを付けていただきました(お得!)

カレーが出てくるまでのお楽しみ。
テーブルに設置された自家製のピクルス、その日は
玉ネギ、ニンジン、レンコンの3種類がありました。

もう、このピクルスの時点で、おいしい予感満点です。

カリルさんのチキンカレー。
ルーは香辛料が効いたサラサラのカレーです。

チキンの調理法に工夫がされていて、辛いだけではないチリ味が、
舌の先から喉の奥に届く間に、気化した辛さが鼻腔を通って
鼻水と涙を止めどなく誘う感じ‥‥
紙ナプキンもおしぼりも、涙と鼻水でグショグショに。笑

それでも口が辛くって、生野菜サラダとピクルスで
辛さを中和させながらいただきました。

ラッシーも中和するのに重要な役目、マンゴーとバナナを
ヨーグルトに混ぜたような甘酸っぱい味が、
おなかの中に膜を作って辛さを包み込んでくれているようでした。

辛いの苦手と言いながらも、食べてみたいのが女心♡

あ~、ヒーヒー。辛っ! おいし。グズッ、ヒーー。

この突き抜ける辛さ、これがノーマルの辛さです。
よりスパイシーがお好みなら、最初に
3段階の辛さアップをリクエストできます。
しかも無料サービス。強者どもには、うれしいですね~(^^)

まるでゴハンの途中で手遊びする子のように、
サラダやピクルスを途中途中でいただきながら、
おいしく完食致しました! ふふふ、満足!!

初回は常連客と観光客が入り混じり満席、今日はカップルと
遅がけランチの女子2人がの~んびり楽しそうに食べておられました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちらは前回食べたカレーの写真です。
◎あさりキーマカレー(4月の月替わりカレー)

◎豆と野菜のカレー(定番カレー)

◎ポテトサラダとグリーンサラダ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ハッピーは、おいしいの隣にある」と言い続けている私です。
今日もまた、ハッピーをいただくことができました。

「おいしい」を作ることに誠実なカリルさん。
ふたりのカレー職人さんが真面目にカレーを作り、
丁寧に提供してくださいます。

http://karil.jp/about

ティッシュとハンカチ、マスカラをお忘れなく(^^)

■カレー製作所 KYOTO カリル
http://karil.jp/

京都市上京区新町通丸太町上ル春帯町349-1 永楽アパルシオン1階
地下鉄烏丸線/丸太町駅 2番出口から徒歩約4分