映画「誰も知らなかったホントの話 ~ 花戦さ」が6月3日に公開されますね。舞台は京都、野村萬斎さんが主役・池坊専好さんを演じ、信長公を中井貴一さん、秀吉を市川猿之助さんが演じられます。

 

 

http://www.hanaikusa.jp/

 

封切りを楽しみにしているこの映画の中心となる六角堂は、いけばな 池坊と縁の深いお寺です。聖徳太子が創建されたこのお寺の正式な名前は「紫雲山 頂法寺」、皆さんによく知られる「六角堂」は通称です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何で「六角堂」と呼ぶか? それは、お堂が六角形をしているから。六角堂お隣のWEST8ビルのエレベーターで上階に上がると、お堂のかたちが六角形なのが手に取るようにわかります。

1Fに、スターバックスが入っているビルです。3基ある左端のエレベーターに乗ってください。それだけが、シースルーのエレベーターです。(^^)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

私にとっての六角堂は「親鸞さんが比叡山から100日通われたお寺」のイメージでしたが、最近になって、いくつもの発見がありました。

 

■その1

御朱印をいただきました。ここは、西国三十三カ所の第十八番札所です。

 

■その2

「スイーツ巡礼」なるものを、ここで初めて知りました。

http://www.saikoku33-1300years.jp/sweets/

 

六角堂で巡礼するスイーツは「へそ石餅」と「月柳」。どちらもお土産用に販売されていて、へそ石餅はお抹茶とのセットでいただくことができます(500円)。

 

せっかくなので、へそ石餅とおうすをいただきました。きな粉をまぶした かなり柔らかいお餅に、あんこが入っていました。月柳は片岡鶴太郎デザインの小さいお饅頭です。

 

■その3

へそ石餅の由来は「へそ石」にあります。六角堂は京都のほぼ中央にあたることから、境内に「へそ石」が祀られています。別名「要石」とも呼ばれる石を見てみると‥‥ ちゃんと六角形でした(^^)

 

■その4

六角堂のおみくじやお守りには、六角堂のシンボルの鳩がモチーフにされています。ポポー、ポポーと鳴き声がしそうなカワイイお守りやおみくじが数種類。私も一つ引いてきました。

 

■その5

六角堂のおみくじは、柳の枝に結びましょう。結び方は、柳を2本合わせて、細く折ったおみくじを結びつけます。心の中でお願いごとを唱えながら結んでください。良縁が授けられるそうですよ♡

 

■その6

お堂の東の池には十六羅漢さまたちがおられます。まぁるい表情のニコニコ顔。和顔愛語を実践しておられるのだとか。見る人も、思わずやさしい顔に‥‥。

 

 

◎六角堂へのアクセスは、

地下鉄烏丸御池駅(5番出口)から徒歩3~4分。地下鉄四条駅、阪急烏丸駅(21番出口)からも5~6分くらいです。

http://www.ikenobo.jp/rokkakudo/access/index.html

 

◎私の好きな「琥珀流し」の大極殿本舗六角店 栖園も、ここから直ぐ近くです(^^)

http://kyo-miori.jp/20161209-2/