「ル・かき氷」、ホントはそんな名前ではないのですが、チョコレート専門店の期間限定メニューを2つ味わって浮んできたネーミング♪
かき氷って年々進化してて、そのボリュームやソース、トッピングや忍ぶアレンジなどにドキッとさせられます。最初は「こんなに大きいの、食べきれな~い」と退くけど、気がつけば食べてしまってるんですよね~。
この店の2Fカフェでは「ショコラノワール」と「ショコラブラン×フリュイ」の2種類を販売されています。ノワールは、数種類のチョコレート味が幾層にも楽しめるかき氷、ブラン×フリュイは、ホワイトチョコとフルーツが彩りよくPOPに飾られたかき氷。
どちらも、女子に人気の予感‥‥
フォトジェニック効果を期待して窓辺の席に陣取り、時間差で出していただくようお願いしました。奥で氷が削られる音を聴きながら、かき氷の登場を待つ至福の時間。
まずは、フリュイからいただきます♡
フランボワーズの赤やピスタチオの緑がキレイ! 黄桃、白桃、ブルーベリー、なんだか白雪姫にでもなった気分。練乳の代わりにホワイトチョコでつくる「高級白くま」?
ふふふ。写真を撮って、いただきます!
んあぁ~、ホワイトチョコのほんのりとした甘さと、フルーツの甘酸っぱさと果肉感。最初にトッピングだけ食べてしまわないよう気をつけながら、シャカシャカと氷を溶かしつつ‥‥
こんなふうに、かき氷を味わうのって2月以来? あの頃は、まだ寒かった。かき氷評論家の友人に教わったテクによると、「氷は舌の上で溶かしながら味わってください」と。ふわふわ氷が美味しさの身上だそうです。
「ショコラブラン×フリュイ」は、爽やか~な味わいの下のほうに、ホワイトチョコとミルクの味わいがたっぷり。白玉が3つ付いていますから、涼感休めにいい感じ。別添えのソースは、赤桃ですよ~♡
窓の外には、三条通りの街並み。イノダコーヒーの支店も見えますね。
さて、ここから本番です。町家の落ち着いた雰囲気がコンセプトのショコラ・カフェでいただくチョコレート色のかき氷、登場~♪
スプーンひとすくい、最初にゴリッとするチョコレートの味わいがきました。たっぷりと振り掛けられたココアのほろ苦い香り。トップに金箔がキラリ☆
バレンタインの頃に何度も耳にする「クーベルチュール」チョコレートを柱に、キャラメルチョコ、ビターチョコが織り成すハーモニー。
甘くて濃厚なチョコの味わいが、氷をとろけさせていく感じ。ボリュームがあるのに飽きさせない工夫が幾つも‥‥。
なんか、おいしい! 違うチョコの味が、冷ゃっこく喉に届きます。この現象、「味にグラデーションをつける」と言うんですね~(説明に書いてありました)。
白玉とココアシロップで、味変させながらいただくのですが‥‥ こんなに大きなかき氷、チョコレート味たっぷりの‥‥ 食べ終わる頃には、しあわせな満腹感に満たされました。
あ、大丈夫、一人ではありませんから。笑
ベルアメール2Fのかき氷、税込 1,512円。
がんばった日のご褒美に女子におすすめなのはもちろん、できることなら、私は男子に教えたい。
例えば合コンの二次会で、こんなかき氷に誘ってくれる男子って、ポイント高いと思うのです。1個ずつ違うのを頼んだら、きっと両方をシェアし合う結果になりますって‥‥(^^)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ショコラ ベル アメール 京都別邸 三条店
京都市中京区三条通堺町東入ル桝屋町66
最寄の京都市営地下鉄 烏丸御池駅下車、徒歩約5分。
kyo・miori サロンから、徒歩約15分くらい
TEL 075-221-7025 10:00~20:00、不定休
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・